自分に対して負けず嫌い。
それが困難を乗り越える原動力。

伊狩 結衣

仕事内容

大口の顧客をひとりで背負う そこにプレッシャーはない

私の仕事はWi-Fiルーター、携帯電話レンタルサービスの法人営業です。既存顧客への対応を中心に、新規顧客の開拓も行っています。入社1年目はお客様にお電話を差し上げて訪問する、いわゆる”テレアポ”をやり営業の基礎を身に付け、今は旅行代理店の担当もさせて頂いています。長年お付き合いいただいているパートナーの代理店を先輩から任されており、独り立ちして仕事をしていますが、気負いやプレッシャーはありません。
先輩から引き継いだ直後は、自分の顔を売るために取引先に行き、たくさんの人と名刺を交換したり、飲み会に参加したりしました。仕事で関わる人は代理店の担当さんだけではなくて、その周りにもたくさんいらっしゃるので、その方たちにも覚えてもらうために、ゴルフコンペやテニス会のような、半分プライベートな場にも顔を出していました。
今は先輩から受け継いだお客様だけではなく、ゼロスタートから新規のお客様を獲得したり、以前お付き合いがあってご無沙汰していた取引先にご連絡して、新しい取引につなげるようお伺いすることにも力を入れています。

学生時代

無気力だった学生時代 ターニングポイントは”留学”だった

学生の頃は……大学2年生の頃までは、「自分は将来こんな人間になりたい」といった向上心のようなものがまったく無くて。目標も無く、ただ生きているだけ、という感じでした。学校は短大だったので、1年生の終わりくらいから就職活動を始めるのですが、その時に初めて、「こんな状態で企業に勤めて、まともに働けるのかな?」「私、ヤバい」と焦りのようなものが生まれました。それがきっかけで、自分を変えたくて留学を決意します。行き先はオーストラリアのメルボルン。1年間留学しました。
なぜ「留学」という選択をしたのかというと、大学で英語を専攻していたから語学の基礎はできていたので。いちばん大きい理由は、自分を変えるためには「日本を出ることだ」と思い至ったからです。留学を決めたのが渡航の三か月前で、学校からステイ先も自分ひとりで全て準備して。初めてでした、自分からこんなアクションを起こしたのは。

テレコムスクエアを選んだ理由

自分の何かが変わるような気がした 直感を信じて決めた入社

帰国して最初に受けた就活説明会がテレコムスクエアでした。その時にプレゼンしてくださった社員の方がとてもインパクトがあって印象に残って。他社の説明会も受けましたが、あそこまで会社への想いが強くて、パワーのあるプレゼンを見たことはありませんでした。他社には無いパワーを感じました。面接が始まり、グループディスカッションなども行われましたが、そこに参加している人事担当役員の方も非常に印象的で、「この会社、ちょっとふつうじゃないな」と思って。その過程の中で、この会社だったら自分からやりたいと言ったことに対しては、とても柔軟に受け入れてくれそうだと感じて。「ここで働いたら、私の何かが変わるかもしれない」と直感的に思いました。美容業界に行きたいという希望もありましたが、最後の最後は「自分のカン」を信じてテレコムスクエアに決めました。それと、多様性も大きなポイントでした。個性溢れる人が好きなので、そういう意味では会社の雰囲気も自分に合っているのかなと、思っています。

いちばん大変だった案件・仕事

自己成長のため 難しい仕事も自ら取りに行く

私は自分の成長が原動力なので、自分が成長できそうだと感じ、自分がやるべきだと思った仕事は迷わず受けます。上から命じられるだけではなく、自分から手を挙げて、難しい仕事を取りに行く方が多い。世界的なサッカーイベントに絡んだ案件も、自分で手を挙げました。それまでは自分ひとりで最初から最後まで完結するような案件を回すことが多かったのですが、そのイベントは周りの協力が必要な案件でした。それまでは、協力していただく際のお願いの仕方も分からなかったくらい。しかも、自分が主導権を握ることになるので、上の先輩にお願いして動いていただくことになりますから、とても大変でした。
そういう経験があったから、どうしたら相手が仕事の依頼を快く受けてくれるのか。社外だけではなく、社内ではどのように動いたら良いのかも、考えることができるようになりました。

オフの時間の使い方

趣味のゴルフは自分との闘い

オフはゴルフですね(笑) でも最近は、ゴルフで設定していた自分の目標を達成したので、比率を下げて新たにヨガを始めました。ゴルフは始めてから半年で100を切るという目標でした。難しかったけど、レッスンに通い、自主練習もして、空いている時間はひたすらゴルフ。負けず嫌いの血が騒いだんですかね。ゴルフは負けず嫌いな人が多いそうですから(笑) ずっと自分との闘いでした。苦しかったけど、楽しかった。いい音立てて打てた時は本当に楽しくて。仕事にゴルフが活きたことは、やはりお客様との関係性を築けたことですね。既存のお客様との関係はもちろんですが、新規のお客様の担当をさせていただくきっかけにもなったかもしれません。ゴルフは、まったく仕事と関係ないわけではないのだと、今は思っています。
ヨガは健康維持のために始めたので、特に目標は無いのですが、ゴルフは引き続きスコアを伸ばせるように目標をもって続けていきます。次は今年中に90切りかな(笑) 余談ですが、社長にゴルフを始めさせたのは私です(笑) 社長が、「仕事をリタイアした後、趣味が無いから趣味を持ちたい」とおっしゃるので、年配の方にもプレイヤーがたくさんいるゴルフをおすすめしました。社長は「伊狩にすごい営業をかけられて、ゴルフクラブを買うことになった」とおっしゃっているみたいですけど、だいたい真実です(笑)

Schedule of day

伊狩 スケジュール